【用途別】動画配信サービスの選び方

動画配信サービスを表で比較!映画見放題におすすめなのはどのサービス?

投稿日:2017年8月16日 更新日:

動画配信サービス、代表的なのはHuluあたりでしょうか。

とにかく年々、ストリーミング再生で動画が見れるサービスが増えています。

そのため「映画見放題に向いてるサービスはどれかな?」といざ探してみようとすると、まあわかりません。数が多すぎますので。

そこでそれなりに色々な動画配信サービスを使ってきた僕が、映画見放題に向いているサービスを紹介しようかと。

参考までに確認してみると良い動画配信サービスが選べるかもです!

映画見放題におすすめな動画配信サービスはこの3つ!

  • Hulu
  • U-NEXT
  • dTV

他にもおすすめできるサービスはありますが、とりあえず万人におすすめしていくならこの3つかなと。

どれも結構知名度の高いサービスじゃないかなと思います。

他にも候補としてはNetflixやフジテレビオンデマンド(FOD)も合ったのですがどちらも尖ったサービスなので今回は外しました。

軽く解説しておくとNetflixとFODはどちらも配信作品数自体は少ないけど、ここでしか見れない作品があるというサービス。(具体的に言うとネトフリはマーベル系作品、FODはフジテレビ系作品)

どちらも特定の作品を見るのには使えますが、映画見放題を期待するサービスでは無いですね。

ちょっと話が逸れてしまいました。

それではHulu・U-NEXT・dTVそれぞれを詳細に見ていきましょう!

Huluの基本スペックを表で確認!

Huluのスペック
月額料金933円(税抜)
総配信作品数40,000本以上
見放題作品数40,000本以上
無料期間14日間(初回)
最高画質フルHD(1080p)
※ブルーレイ相当
オフライン視聴
視聴可能デバイステレビ・パソコン・スマホ・タブレット・一部ゲーム機

王道の動画配信サービスはどれかと聞かれたら、殆どの人は「Hulu」と答えることでしょう。

それぐらい全体的に性能が高く、使いやすいです。

月額933円は業界内では平均ぐらいの高さ、それで見放題作品数が40,000本以上は結構凄い。

他のサービスだと見放題作品数が4桁なんてこともザラですからね。

初めて動画配信サービスを使うなら、まずはHuluを使えば間違いないといえるほど安定感の高いサービスです。

Huluの評判を知りたい方はこちら

Huluのデメリット

  • 総配信作品数は少なめ
  • オフライン視聴非対応(ダウンロード機能がない)
  • 特典がない

王道サービスHuluにも欠点はあります。

まずは総配信作品数は少なめという所。

競合サービスであるU-NEXTやdTVだと120,000件程度あったりするので3分の一程しかありません。

ただ総配信作品数は月額料金以外にお金のかかるレンタル作品を含んだ数なので、一概に多ければいいとも言い切れませんが。

Huluはレンタル作品を無くし、見放題作品のみを配信することでコストパフォーマンスを上げてる感じ。U-NEXTやdTVとどちらが良いかは人それぞれかも。

後気になる点はオフライン視聴ができないところ。

オフライン視聴をするには動画配信サービスにダウンロード機能がないといけないのですが、Huluにはダウンロード機能がありません。

そのため電波状況の悪い電車内などで動画を楽しむのがちょっとむずかしくなっているのは気になりますね。

それから重箱の隅をつつくようですが、特典がないのも気になるポイント。

最近の動画配信サービスは差別化のために雑誌読み放題が追加で利用できるところも増えてますので、Huluにもその手のお得感のある特典が増えるとうれしいですね。

Huluのメリット

  • 見放題作品数の多さ
  • 最高画質がフルHD(ブルーレイ相当)
  • 家族で使うのに適している

まずは見放題作品数の多さ。

40,000本以上はU-NEXTの50,000本以上見放題の次点となる数字ですが、U-NEXTより月額料金が半額以上に安いことを考えると優秀でしょう。

次に良い点は最高画質。

2017年5月の全面リニューアル前は最高画質がHDで、そこまで高画質でもありませんでした。

しかしリニューアルに伴いフルHDに対応。フルHDはブルーレイ相当の画質のため、かなり動画がキレイに感じられますね。

後は家族で使うのに適しているのも高評価。

一つのアカウントに複数のプロフィールを追加することで、追加料金をかけずに家族で便利に使うことができます。

子供用アカウントに視聴制限を設けることもできますし、パスワードを設定してプライバシー保護をすることも可能です。

Huluの総評

全体的にコスパが良く、使いやすい動画配信サービスです。

総配信作品数が少なかったり、特典がなかったりするのは気になりますがコストダウンにより月額料金を下げるためと考えればしょうがないかなと。

月額料金以上に見放題作品数がとても多いため、長く楽しめることかと。

最高画質もフルHDと美麗ですし、視聴にストレスもあまり感じないでしょう。

移動時の暇つぶしに使おうと考えているなら、ダウンロード機能がありませんのであまりおすすめはできません。

逆に家で腰を落ち着かせて、様々な洋画や邦画などの映画を見放題で楽しみたい人にはこれ以上無いサービスかと思います。

U-NEXTの基本スペックを表で確認!

U-NEXTのスペック
月額料金1,990円(税抜)
総配信作品数120,000本以上
見放題作品数50,000本以上
無料期間31日間(初回)
最高画質フルHD(1080p)
※ブルーレイ相当
オフライン視聴
視聴可能デバイステレビ・パソコン・スマホ・タブレット・一部ゲーム機
特典170誌以上雑誌読み放題
特典2毎月U-NEXTポイント1,200円分付与+登録時+600ポイント

U-NEXTを一言で表すなら『高級路線の動画配信サービス』でしょうか。

月額1,990円という強気の価格からもそれが分かることかと。

その分総配信作品数、見放題作品数どちらをとっても業界ナンバーワンクラスとなっています。

金銭面に余裕があるならこれより性能の高いサービスは無いかもですね。

U-NEXTの評判を知りたい方はこちら

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が高め
  • PPV作品(有料作品)が多く感じる
  • トラブルが多いとの噂

ちょっと触れましたが、月額1,990円と言うのはやはり高いです。

Huluなら月額933円で見放題作品数40,000本ですから、コストパフォーマンスだけを考えるならU-NEXTよりはHuluに軍配が上がります。

ただその分特典でのフォローがされていて、PPV作品(有料作品)に使えるポイントが毎月1,200ポイント還元されるので動画を見まくる人なら意外と実質料金は安いかも。

で、PPV作品に触れましたがU-NEXTを使う上でネックとなるのはこの制度です。

いわゆる別途料金のかかるレンタル作品なんですが、最新映画やドラマの最新シーズンが大体これになっています。

つまり見たいと思う作品ほど有料作品であることが多いので、感覚的に凄くレンタル作品が多いように感じるのです。

まあ見放題期間が終了して見れないということがPPV制度のおかげであまりないのはメリットとも言えますが。

後はトラブルがちょっと多いらしいというのは気になるかも。

僕は使っていて特に巻き込まれたことありませんが、口コミを見ているとそういう人がちょくちょくいる様子です。

ただこういうのは同業他社のネガティブキャンペーンだったりしますし、あまり心配しすぎてもしょうがないかなとは思います。

一度気になることがあってU-NEXTに電話したら対応も良かったですし、問題が発生してもなんだかんだ大丈夫でしょう。

U-NEXTのメリット

  • 総配信作品・見放題作品の多さ
  • 特典が魅力的
  • オフライン視聴が可能

まずは全体の作品数の多さでしょう。

総配信作品数120,000以上、見放題作品数50,000以上はほんとに多いです。スペックだけ見ると追随をゆるさないなという印象。

特典の多さも魅力的です。

雑誌が70誌以上読み放題というのは「今日は動画って気分じゃないなぁ」ってときに結構使えます。

コンビニにある雑誌は大概ある感じですので、今の流行をチェックしたいなって時は便利です。

またPPV作品が多いという弱点を補ってくれる毎月1,200ポイント付与もデカイ。

しかもこのポイント、動画だけでなく漫画を読むのにも使えたりするので使い所が多く無駄にしにくいのもポイント高いです。

後はHuluと違って、オフライン視聴可能というのもいい感じ。

ダウンロード機能持ちの中では動画配信サービスとしての基本スペックが一番高いので継続利用させてもらってます。

電車の移動など地味に暇を持て余す時間に動画を見れますので、おかげさまで地獄の時間が至福の時間に変わりました。

U-NEXTの総評

最初にも書きましたが『高級路線の動画配信サービス』というのが総合的評価です。

ポイントを結構貰えるのでPPV作品は実質無料で見れることも多いのですが、そもそも月額が高いので何とも。

ただ月額料金の高さが気にならない程度に財布に余裕があるならU-NEXTは良いサービスになると思います。

ちなみに僕はそんなに余裕あるわけではありませんが、月に数日昼食のランクを下げるだけで負担なくせますのでなんとか使えてる感じです。

ちょっと話逸れましたが、多少他のことを我慢しても使う価値はあるサービスかと。

31日の無料期間を通じて、本当にそれだけの価値がある日見定めるのもありだと思います。

dTVの基本スペックを表で確認!

dTVのスペック
月額料金500円(税抜)
総配信作品数120,000本以上
見放題作品数5,000本以上
無料期間31日間(初回)
最高画質HD(720p)
※一部4k

オフライン視聴
視聴可能デバイステレビ・パソコン・スマホ・タブレット
特典継続利用でdポイント付与

まず目に入るのは月額500円じゃないでしょうか。

明らかに破格の安さ、Hulu933円・U-NEXT1,990円ですからね。比べるまでもなく安いです。

後は総配信作品数の多さでしょうか。

U-NEXTと同じ120,000件以上というのはかなり強いといえます。

dTVの評判を知りたい方はこちら

dTVのデメリット

  • 見放題作品数が少ない
  • 画質がショボい
  • 家族で使うのに不向き

スペック表を見て気になった人もいるかもですが、見放題作品数が群を抜いて少ないです。

5,000はHuluの8分の1、U-NEXTの10分の1の数字ですからね。

映画見放題を楽しむために使うとしたら、不十分と言わざるをえない数字でしょう。

後は画質の低さも気になります。

一部作品は4Kに対応していますが、ほとんど未対応。

つまり大体の作品はHD画質で見る必要が出てきます。

HD画質はブルーレイよりも悪い画質となりますので、目が肥えている視聴者にとっては荒い画質に映るかもしれません。

後はスペック表では触れていませんでしたが、家族共有に不向きなのも気になります。

実はHulu・U-NEXTどちらも家族で使いやすいように子アカウントの追加が無料で可能なのです。

しかしdTVに関してはアカウントの共有がしやすいシステムが無いため、家族で使うなら複数有料会員として登録する必要があります。

一人で使うなら特に気になりませんが、家族で利用するなら知っておきたい点ですね。

dTVのメリット

  • 月額料金が破格の安さ
  • 総配信作品数が多い
  • 特典のドコモポイント付与がわりと良い感じ

まず目を引くのは月額料金の安さです。

月額料金500円は相当安くHuluのほぼ半額、U-NEXTの4分の1の価格となります。

あとは総配信作品数の多さ。

月額500円で120,000本が配信されているサービスを利用できるのは大きなメリットかと。

見放題作品数の少なさも、この配信数の多さで補えてるかなという感じ。

後は地味に特典もうれしいですね。

継続的に利用しているとドコモポイントがもらえるようになります。

ドコモポイントはローソンなんかでも使えますので、結構便利じゃないでしょうか。

dTVの総評

dTVは『レンタル前提の動画配信サービス』と感じています。

見放題作品数が少なすぎるため、大体見たい作品は別途料金の必要な有料作品。

そのため月額料金のみで映画見放題を楽しみたいという人にはあまりおすすめできません。

ただ最新映画はどこも大抵レンタル対象作品となっていますので、dTVを使いレンタル前提で見ていくのもありかと。

月額が500円と非常に安いですので、見放題作品数が少なくてもオンラインのレンタルショップを使うための会員人考えればまあ良いかなと思えるんじゃないでしょうか。

……一応ぶっちゃけますが僕はdTV使ってません。

U-NEXTを継続利用しているので、そちらでレンタルすれば事足りますから。

dTVを使う場合、U-NEXTと役割がカブる部分も多いのでどちらがより自分に合っているか検討しておくと良いかもしれません。

3つの動画配信サービスを表で比較、映画見放題に向いてるのは?

動画配信サービス名HuluU-NEXTdTV
月額料金933円(税抜)1,990円(税抜)500円(税抜)
総配信作品数40,000本以上120,000本以上120,000本以上
見放題作品数40,000本以上50,000本以上5,000本以上
無料期間14日間31日間31日間
最高画質フルHDフルHDHD
※一部4K
オフライン視聴
対応デバイステレビ・パソコン・スマホ・タブレット・一部ゲーム機テレビ・パソコン・スマホ・タブレット・一部ゲーム機テレビ・パソコン・スマホ・タブレット
特典170誌以上雑誌読み放題継続利用でdポイント付与
特典2毎月U-NEXTポイント1,200円分付与+登録時+600ポイント

どれも一長一短。

作品数が多いものを選ぼうとすると料金がかさみますし、逆に安いものを選ぶと見放題作品数が減ります。

細かい部分を見れば、画質の違いやオフライン視聴の有無なども気になることかと。

個人個人の用途に合わせて選ぶのが一番いいかと思いますが、それだと迷ってしまう人もいるでしょう。

ですので映画見放題に一番おすすめな動画配信サービスを選ぼうと思います!

映画見放題に一番おすすめなのは『Hulu』

  • 月額料金に対して見放題作品数が多い
  • 最高画質がフルHDと美麗
  • 複数人で使うのにも向いている

結局王道動画配信サービスに落ち着くのです。

Huluが一番、月額料金がちょうどよく見放題作品数が多いですから。

後触れてませんでしたが実はHulu、結構洋画・邦画の種類が豊富なので映画見放題に向いてるんですよね。

最高画質もブルーレイ相当のフルHDと高クオリティですから、ストレスフリーでよいかと。

U-NEXTやdTVは結局レンタル作品が多く感じるサービスなので、映画見放題を期待するとあまり良いサービスに感じないと思います。

どちらも悪いサービスではないので、レンタルも許容するなら選択肢としてありかもです。

ただ当サイトとしては映画見放題に一番おすすめな動画配信サービスは『Hulu』ということで結論づけさせてもらいます。

最終的に判断するのはどこまで行っても自分になると思いますので、今なら無料期間も付いてきますしそれを利用して自分に合っているかチェックしてみると良いと思いますよ!

当サイト一押しの動画配信サービス

月額料金見放題
動画数
最高画質無料期間
933円
(税抜)
50,000本以上見放題フルHD
(1080p)
14日間
テレビ
視聴
家族で
共有
視聴制限
の設定
会員数
キッズ用に設定可150万人以上
◯Huluがオススメな理由
  • 業界トップクラス!4万件以上の動画が見放題
  • 人気海外ドラマ制作会社HBOの動画が見放題!
  • 最高画質がフルHD(ブルーレイ相当)で美麗

VOD視聴用のネット回線選び方

1
動画配信サービスを見るにはネット回線必須!何を使うべきか考える

NetflixやHuluを始めとする動画配信サービス、ネット環境さえあればどこでも動画を楽しむことができる為非常に便利。 しかしネット回線が必須なんですよ! 今の時代持っている人のほうが多いかと思いま ...

-【用途別】動画配信サービスの選び方

Copyright© 暇な大学生は動画を漁る , 2018 AllRights Reserved.